名刀こてつ

06.09.2021
著者: Kono

石堂是一 いしどうこれかず. 刀剣難解辞典 刀剣事典 刀剣用語集 刀剣ことわざ集 刀剣四文字熟語集 刀剣名刀図鑑 甲冑・武具用語集. 天下五剣 数珠丸恒次 「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)は、武器として用いられる刀でありながら、人々を苦しみから救い出すための仏教で用いられる「数珠」(じゅず)という言葉が、その号に付けられています。それ故に、名刀とされる「天下五剣」(てんかごけん)の中でも、とりわけ異彩を放つ存在であると言えます。ここでは、数珠丸恒次にまつわるエピソードなどを紐解きながら、日本刀と仏教、一見すると相反する両者が結び付いた理由について探っていきます。 天下五剣 YouTube動画.

宗吉 むねよし. 保昌貞宗 ほうしょうさだむね. この武功として、年(慶長3年)、父が「大聖寺城」(現在の 石川県 加賀市 )に60,石を受領。山口修弘も「江沼郡」(現在の石川県加賀市)に13,石を受領しています。豊臣秀吉亡きあとは、年(慶長5年)関ヶ原の戦いの際に、山口修弘は西軍として参戦を表明。そこで、前哨戦「大聖寺城の戦い」が起こるのです。.

一時は常陸国(現在の 茨城県 )の「 防衛大学校 収入 」(とくがわみつくに)に招かれ、水戸でも作刀しています。作風は江戸新刀らしく、 反りが浅い 先細りの姿。その刃文は、同時代に活躍した「 長曽祢虎徹 」(ながそねこてつ)に似た「互の目乱」(ぐのめみだれ)や、「 沸 本位」(にえほんい)の「 広直刃 」(ひろすぐは)などが特長です。. 兼元/孫六 かねもと/まごろく.

150. 10 .

本名は「滝川三郎太夫」(たきがわさぶろうだゆう)と名乗っており、但馬国(現在の 兵庫県 北部)から江戸に移住し、「江戸法城寺派」を打ち立てた人物です。「 江戸新刀 」の第一人者でありながら、派閥形成の手腕も発揮。数十名にも及ぶ刀工を束ねます。その権勢は江戸市中随一を誇り、江戸幕府のあらゆる鍛冶業務を許されるほど絶大でした。.
  • 大村加卜 おおむらかぼく.
  • 五箇伝(五ヵ伝、五ヶ伝) 5つの地域に伝わる刀剣・日本刀作りの歴史と特徴をご紹介します。 刀剣・日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。 現代刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠を紹介します。 人間国宝 刀剣の基礎知識「人間国宝」をご紹介します。 帝室技芸員 刀剣の基礎知識「帝室技芸員」をご紹介します。 無鑑査刀匠 刀剣の基礎知識「無鑑査刀匠」をご紹介します。 世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。 日本に伝わる代表的な名刀の数々をご紹介致します。. 広正 ひろまさ.

岩国美術館の所蔵品に「虎徹(こてつ)」という刀がある

作者は、近藤勇(こんどういさみ)の愛刀とされる「虎徹」(こてつ)の名で有名な 長曽祢虎徹 (ながそねこてつ)であり(近藤勇の「虎徹」は偽物とされていることが多いが、「虎徹」の名を有名にした一助ではあるだろう)、彫物自体も「虎徹」によってなされた初期の作品となりました。.

兼氏 かねうじ. 石堂是一 いしどうこれかず. 掲載刀工数 名 (掲載刀工予定数 : 名). ほどなくして刀鍛冶への転身を決めた水心子正秀は、年(明和8年)、22歳で武蔵国八王子(現在の 東京都 八王子市 )の「宮川吉英」(みやがわよしひで)に入門。「下原派」(したはらは)による作刀技術を学びます。同派は八王子を中心に、江戸時代後期から幕末にかけて繁栄した刀工の流派であり、実戦本位の日本刀を作刀することで知られていました。.

1 13 YouTube!

西蓮/国吉 さいれん/くによし. 了戒 りょうかい. ソハヤノツルキ 「 ソハヤノツルキ 」の制作者は、筑後国(現在の 福岡県 北部)の刀工「 三池典太光世 」(みいけてんたみつよ)です。 銘に「妙純傳持(みょうじゅんでんじ)ソハヤノツルキ ウツスナリ」とあることから、平安時代の征夷大将軍「 坂上田村麻呂 」(さかのうえのたむらまろ)が佩用した「楚葉矢の剣」(そはやのつるぎ)を写した太刀と考えられています。 江戸幕府 を開いた徳川初代将軍「 徳川家康 」は、死の間際に「この日本刀を久能山に納めよ。鋒/切先[きっさき]は、いまだ不穏な動きがある西国に向けておくように」と言い残しました。 徳川家康の遺言通り、その後、ソハヤノツルキは 静岡県 にある「 久能山東照宮 」に安置。ソハヤノツルキが神通力を発揮したためか、 徳川家 の治世は年の長きに亘って続いたのです。 ソハヤノツルキ 銘 妙純伝持 ソハヤノツルキ/ウツスナリ.

優れた日本刀は、数百年あるいは1,年の時を越え、現代にまで伝えられています。それは、日本刀が類まれな武器であるのと同時に、美術品としての価値も高かったためです。 しかし、そればかりではありません。多くの名刀が代々伝承された背景には、神様の依り代として尊重されてきたという一面もあるのです。名刀には神様が宿り、持ち主は加護を得ることができると信じられてきました。 名高い名刀は、どのような力を示して持ち主を守ったのでしょうか。 ここでは、神様の加護が伝説として残る名刀に焦点をあててご紹介します。.

68. SNS .

大和国 は、日本刀の作刀が最も古い時代に行われていたと考えられています。また、寺社とのかかわりが密接であったため、僧兵の需要に応じて作られ、無骨とも言える姿が特徴です。大和国の名工については、下記より詳細な情報がご覧頂けます。. 刀 銘 長曽祢興里入道乕徹 銘 長曽祢興里 入道乕徹. 長曽祢虎徹 ながそねこてつ. 助光 すけみつ. 鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて相模国(現在の 神奈川県 )で活躍した刀工「貞宗」(さだむね)の手による短刀「 物吉貞宗 」(ものよしさだむね)。. 来国俊 らいくにとし.

1013. SNS .

徳川家康が、この 短刀 を帯びて出陣すると勝利を得たとされることから、縁起が良いという意味の「物吉」と名付けられ、「享保名物帳」にも所載されました。徳川家康の死後は、 尾張徳川家 (現在の 愛知県 西部)に伝えられ、代々の藩主が常日頃から懐中に帯びていたと言われています。. 景光 かげみつ. 光包 みつかね. 越前康継 えちぜんやすつぐ.

 また調べる...