李ハンス 夢小説

10.09.2021
著者: Ryoichi

ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. 莫言 『豊乳肥臀』上下 平凡社

セイゴオマーキング gg ジョニー. 表示 閲覧 編集 履歴表示. 評論社同人と中国同盟会会員 (中央が滔天). ラヴクラフト Supernatural Horror in Literature は読者に誘発する感情の強さのために「 恐怖 」を重要視し、 ピーター・ペンゾルト The Supernatural in Fiction や カイヨワ (『幻想のさなかに』)も「恐怖」や「奇異の感情」を幻想の要素としている。 マルセル・シュネデール 『フランス幻想文学史』は、「幻想とは 内奥の空間 を探求するもの」 [5] とする。.

意表篇 夜 ロザリンド・E・クラウス 『視覚的無意識』.

NDL : .

意表篇 夜 ロザリンド・E・クラウス 『視覚的無意識』. 上村希美雄 『宮崎兄弟伝 アジア篇(下)』 葦書房

ハーメルンへようこそ

学衆B 前田槌子? 気になりますね。 学衆C やっぱり滔天って変な人。まだ二十歳でしょう? 校長 二十歳前後で、世界放浪の幻想や火の出るような恋と交差していないなんて、そんな青年青女は落第だよ。もっとも滔天もここまでは、まだ第一エンジンが始動したというくらい。ここで目の前のことに溺れていたら、のちの滔天はありません。 学衆A というと、滔天は転回するんですか。 校長 そうね。槌子には惚れたままなんだけど、結婚をずっと先送りにして、ハワイに行こうとする。家宝の仏像を売ってまで旅費をつくろうとしていた。 学衆A はあ、よりによってハワイとは? 校長 ハワイからアメリカに行こうとしたようだね。この思いつきは彌蔵にこっぴどく叱られる。このとき有名な彌蔵と滔天の徹夜の議論がおきるんです。. 滔天がどのように孫文と出会うようになったかということ、そのころ孫文がどのように動いていたかということは、省きたい。いつか孫文の著書を紹介するときにふりかえろう。辛亥革命のこと、孫文と宋慶齢の結婚、孫文と袁世凱の関係、そして、近代日本の最大の失敗としての「対支二十一カ条の要求」のことなどだ(これについてはNHKブックスの『日本という方法』にやや詳しく書いておいた)。  そのかわりここでは、二人が出会ったあとにおこったいくつかの事情について案内しておきたい。ひとつは孫文の日本滞在を助けたのは、滔天に動かされた犬養や頭山や玄洋社の平岡だったということ、ひとつは孫文が宮崎兄弟の故郷の荒尾を愛したこと、ひとつはフィリピン独立運動にまつわることだ。.

安部公房 荒俣宏 稲垣足穂 笙野頼子 宮沢賢治 ジョージ・マクドナルド パトリック・ジュースキント バリー・ユアグロー マーヴィン・ピーク ミルチャ・エリアーデ ミヒャエル・エンデ ウォルター・デ・ラ・メア. 千夜千冊 編集部. ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. ジョージ・マクドナルド パトリック・ジュースキント バリー・ユアグロー マーヴィン・ピーク ミルチャ・エリアーデ ミヒャエル・エンデ ウォルター・デ・ラ・メア.

NDL :. 19 E.

みんなのつぶやき作品

その後、わたしが死んでから10年もたってのことだったが、1978年にわたしの名誉が回復されて、盛大な追悼会が催されたらしい。  けれども、いったい名誉って何なのか。作ったり、回復できたり、つまりコントロールできるものらしい。そういうものはわたしには最初から関係のないものだったのだ。死して不本意がますます募るというのは、まことに、まことに困ったことである。.

最後にもう一言いっておくけれど、わたしを中国文学から世界文学の座敷に引っ張り出さないでほしい。また中国の固有の文化につなげて語らないでほしい。  わたしは中国の特色は「悠久である」というくらいでとどめておいたほうが、いいような気がする。あまり細かいことを誇らないほうがいい。外国文化についても、もうすこしおおざっぱに見たほうがいいのだ。  わたしは中国は好きだが、外国は好きなときもあるし嫌いなときもある。たとえばアメリカのご婦人はその肉体たるやむちむちしてよろしいが、近くに行くと大変な香水で、吐き気がする。  こういうことは、しかし大声では言えない。だからこういうときは心の中でこう言うのである。「悠久なる民族はいい香り、中華万歳!」「白檀の扇子で帝国主義の匂いを送り返せ!」。  それからもう一言、わたしが死んで30年もたって、 中国人は電子メールと携帯電話に夢中になったようだ 。よく知らないが、おそらくメールは下痢のようなものだろうと思う。また携帯電話はチューイングガムのようなものだと思う。  どちらもときどきは口からも尻からも吐き出す必要がある。へっへっへ。.

生代篇 夜 西山賢一 『免疫ネットワークの時代』. 読相篇 夜 アレクサンダー・R・ギャロウェイ 『プロトコル』.

.

みんなのつぶやき作品

上村希美雄 『宮崎兄弟伝 アジア篇(下)』 葦書房 分理篇 夜 ウォレン・ケントン 『占星術』. 思構篇 夜 大貫隆・島薗進・高橋義人・村上陽一郎編 『グノーシス 陰の精神史』. ところで、わたしが小説を書き始めると、中国の雲行きがあやしくなってきた。 日本が満州に傀儡の国をつくりはじめたのだ 。  わたしはもともと中国の将来についてはさほど期待していないし、幸せな夢もめったに見ない。中国で五カ年計画や十カ年計画ができても、こういう計画は中国の哲学にはまったくあわないだろうと思っていた。「天は長く、地は久し」。これが中国なのだ。ようするに愚か者は永遠に不滅だということだ。  日本は満州を手に入れて、さらに中国を滅ぼすつもりだったろうけれど、これは無理なのである。途中まではともかく、その先にとんでもないものが待っている。多くの人々が中国古来の教えが進退に礼をもって譲りあうところにあると思っているらしいけれど、それはたとえば 墨子 にはあてはまらない。墨子の墨守思想は見えない中国として、いよいよのところで動くのだ。  そんな雲行きがあやしいなか、わたしは次の『大明湖』を書いた。ところが日本軍が上海に進攻したときの閘北火災で、この原稿が焼かれた。ろくなものじゃなかったから、それはそれでいい。  そこで『猫城記』(猫の町の記)を書いたら、焼けた前作の内容に似てきてしまって、困った。これは未練というものが人間をダメにするということなのだ。未練などもつと、少なくとも小説家は阿呆になるものだ。わたしは自分の作品からこういうことを、教えられた。それにしても未練は男と女をダメにするばかりと思っていたのに、これは計算ちがいだった。しかしよく考えたら、未練だけが男と女を純粋にするのだった。ほっほっほ。  まあ、こんなことをしているうちに、やっと『駱駝祥子』になったわけである。.

白帝社 幻想文学の源流である神話や民話においては、 アニミズム に基づく 精霊 や 妖精 の物語が生み出された。 ホメロス 『 オデュッセイア 』では地獄が語られ、 ギリシア悲劇 には幽霊が登場し、宗教書では霊や予言者や魔女の物語があり、また多くの 狼男 や 吸血鬼 、変身などをテーマとする物語が作られてきた。またヨーロッパでは アーサー王伝説 も広く題材にとられ、『 アレクサンドロス大王東征紀 』を元にした「東方の驚異」に関する伝説(「アレクサンドロス大王からアリストテレスへの手紙」)や、 プレスター・ジョン伝説 がアジアへの幻想をかき立てた。18世紀初頭にはフランスの東洋学者 アントワーヌ・ガラン により『 千夜一夜物語 』が紹介され、 カーリダーサ による サンスクリット劇 『シャクンタラー姫』は18世紀後半から英独仏語に訳されて、 ゲーテ らに影響を与えた。年には フランツ・ボップ により『 マハーバーラタ 』から「ナラ王物語」が ラテン語 訳され、続いて各国語に広く訳される。.

.   七つの大罪メリオダス受け.        ! 20 .

みんなのつぶやき作品

交貨篇 モンキー占い 種類 ブリュノ・ラトゥール 『近代の〈物神事実〉崇拝について』. わたしは1899年の北京の生まれで、1歳のときに義和団事件がおこって8カ国の連合軍が北京に攻めこんだとき、父が戦死した。戦争というものは、顔くらいはちゃんと見て脳裏に刻んでおきたかった肉親をあっというまにたやすく殺せるものなのだ。残虐でない戦争なんて、あるわけがない。  それに、誰にとっても意味がある戦争などありうるはずがないし、誰にとっても意味がある反戦などもありえない。 戦争は戦争に意味を見いだせない者にとっては、欲望も倫理も散髪も風呂もなんでも、極限で感じるしかないものなのだ 。  わたしが死んでからのことだが、ずっとのちに莫言という作家がやはり1937年から始まった抗日戦争を背景に『豊乳肥臀』という立派な小説を書いたけれど、あれなども欲望と倫理を極限で体験した民衆を主人公にしたものだった。莫言はその前に『紅いコーリャン』で腕を見せていた中国文学の若きリーダーだ。  そんなことだから、わたしは戦争と革命が乱立バーバーポールの嵐のように渦巻いてきたさなか、まず1944年に『火葬』を書いて、これはなにもかもが一緒くたなんだと思って、『四世同堂』という連作を書いた。これは『駱駝祥子』よりもっと評判になったようだったけれど、書いているうちに戦後になって、なんだかパンツを途中で脱げなくなったというか、暗闇でパンツを穿こうとしていたらパッと照明がついたいうか、ちょっと変な気分だった。.

フランス では、16、17世紀には シャルル・ペロー による民話収集などの他、民衆による迷信的な物語の延長上の「不可思議物語」が栄え、18世紀には ジャック・カゾット や サド など、想像力豊かな作品が生み出されていた。 グリム兄弟 はドイツの民間伝承を収集して『子供と家庭の メルヒェン 集』(年)などとして刊行し、 ハイネ も『精霊物語』(年)で ゲルマン民族 の 古代神 を取り上げ、続いて『流刑の神々』(年)では ギリシアの神々 について述べ、また詩作に反映した。 ルートヴィヒ・ティーク らは、「民衆本」の民話などを題材にして創作したクンスト・メルヘン(芸術童話)を生み、自然礼賛の思想を育んだ。 ゴーゴリ は、当時ロシアで流行していた、故郷 ウクライナ の伝説を元にした創作『ディカーニカ近郷夜話』(年)で人気を得た。.

 また調べる...